トップページ

アフィリエイトとは、ある特定のサービスや商品を宣伝する仕組みのひとつです。枠組みとしては、アフィリエイトサービスプロバイダー、俗に「ASP」といわれるサービスサイトを介して、広告主と一般Webサイトを運営している方々が結ばれています。広告主はある特定の「成果点」とそれに対する広告費用を支払います。「成果点」には様々なものがあります。簡単なものでいけば特定サイトへの誘導、難易度が高いものでは高額の特定サービスへの加入や高額商品などの購入成立などがあります。アフィリエイト広告を実際に展開するのはいわゆる「アフィリエイター」といわれるWebマスターの方々になります。広告主からみた「アフィリエイト」は、「成果」に対してのみ費用を支払うというとても効率的なサービスになります。そしてアフィリエイターから見れば、自分の努力や工夫次第で原資0から収入を得られるサービスとなります。
アフィリエイトはWebマスターでなければ利用することが出来ないサービスですが、実は自身でWebサイトを作れなければいけないというものでもありません。ホームページを構築する際に必要なHTMLの知識などがなくても、Webにおいて情報を発信することは可能です。それは「ブログ」などの簡易Webサービスで実現されます。「ブログ」は特定のフォーマット上で整理して情報を伝えるためのサービスで、HTMLの知識がなくてもだれでも運営することができます。そのようなブログサービスはひとりで複数管理をすることもできるので、一般的なアフィリエイターはこのブログを利用することが多いのです。宣伝したいアフィリエイトの商材毎に独自のホームページを作成していると大変なものですが、ブログであれば記事を書くだけで露出を図ることができます。実はイラストなどをふんだんに用いたWebページよりも、テキストのみで情報の要点をまとめたブログの方がインターネット検索エンジンに対して有効に作用し、検索結果での順位が上がります。検索結果での順位が上がれば、それだけ人に見てもらえる機会が増えますから、その分設定された「成果点」へ到達する可能性も高くなるのです。
アフィリエイトの成果と、それに対する対価はさまざまです。シンプルにいけば「1クリック1円」というものもあります。また、対象商品の購入金額の数%を成果費用として支払うケースもあります。それらのなかから自分が気にいった商材のみを取り上げることができるのがアフィリエイトです。誰かに与えられる仕事ではなくて、自分で選び、設定され成果を追求することができますから、まさに可能性は無限大といえるでしょう。アフィリエイトは個人だけではなくて、法人もアフィリエイターとして利用しているケースがおおいです。中にはアフィリエイトだけで収益をあげている企業もあるくらいです。いわば「宣伝代行」ともいえるアフィリエイトは、今後ますます発展していくことは間違いありません。企業の広告担当者からみれば、「成果報酬」ほど効率的な広告はないからです。

【PR】
アフィリエイトジーニアスで、ネットビジネスで稼ぐための方法を身につける!ネットで稼ぐ基礎知識を!
ITトレンドから考えるIT業界